生きているから、歌うんだ

写真 2015-02-16 9 00 23

派手な卵とかフェアリーとか混ざってて見難いですが、ゴッドフェス終了直前までしつこくガチャってました。これでも要らないの処分した後なんだけど、見事に収穫無し。デルガドがミューズだったらなあ。木ヴァルが闇だったらなあ。もしもピアノが弾けたならぁ・・

 

 

そんな西田敏行というか賢者モードというか意気消沈中の僕に深夜フレンドさんからメールが届いた。

 

 

 


「ハイパーカーリー持ってるよね?俺のために基本固定にしとけやー」(ほぼ原文まま)

 

僕より100ぐらい低いランクの彼のヒカーリーは、プラスやスキルレベルはもちろんレベルマですら無かった。

 

いくらパズドラが神ゲーで僕の頭の中を支配していようが、
Appleの選ぶ2014ベストアプリだろうが、
経済産業大臣賞を受賞していようが、ただのスマホゲームだから。

 

僕がガチャで爆死して西田敏行状態になっていることと、未育成ヒカーリー使いの彼が都合の良い便乗プレイをしようとしている事は1mmも関係が無いから。

 

ガチ勢もライト層も、廃課金も無課金も、ミミズもオケラもアメンボも、それぞれがそれぞれのスタイルでゲームを楽しんでいいし、彼も彼なりのペースでそのパズドライフを謳歌しているだけだ。みんなみんな生きているんだフレンドなんだ。

 

これくらいのことで感情的になんてなるわけが無い。
フレンドを切る?とんでもない。怒る怒らない?許す許さない?なんておこがましい。

 

むしろその清々しいほどの図々しさは1周まわってすごく嫌いじゃなかったので、チーム1と2、両方のリーダーをそっとヒカーリーに変えて僕は床についた。

 

 

翌朝。
彼のリーダーは見計らったかのように綺麗に「ペルセウス」に変わっていて、手のひらを太陽に、かざして見るまでもなく僕の心は曇り空だったのである。

 

 

おわり

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ パズル&ドラゴンズ・攻略ブログ